【脳卒中・認知症リハビリテーションソフトウェア「リハまる」サービス開始について】

株式会社テクリコは、6月1日よりリハビリテーションソフトウェアである「リハまる」のリリースを開始します。

「リハまる」は、テクリコと関西医科大学との共同研究を基盤に開発された、MR(Mixed Reality,複合現実)機器を用いた脳卒中ケアを目的としたメディカルソフトウェアです。

当ソフトウェアは、MR機器の中でも高い機能性を有するMicrosoft社製「HoloLens(ホロレンズ)」をハードウェアとして使用し、脳卒中治療を行う急性期~回復期病院、さらには生活期リハビリテーションを実施する介護施設まで幅広く展開しております。

 

導入により、

 

(1)最先端3Dリハビリテーション

(2)患者データの自動入力・自動編成化

(3)院内LAN対応

 

が可能となり、患者様の興味関心の持続性向上や医療経営環境の良化が促進されます。

また、脳卒中と同様、高次脳機能障害に分類される認知症予防においても当ソフトウェアは有用なものとなっております。今後は医療機関向けに加えて、在宅リハビリテーション分野にも裾野を拡大していき、ひとりでも多くの患者様を笑顔にできるよう、最先端テクノロジーで医療の発展に貢献して参ります。

 

■サービス名:リハまる

■開始日時:2017年6月1日

■サービス内容:MR/VR機器を用いた脳卒中・認知症リハビリテーションソフトウェアの提供

■お問い合わせ先

株式会社テクリコ リハまる事務局

mail: info@rehamaru.jprehamaru.jp
Tel:06-6343-8450(平日10:00~18:00)